愛しい時間(BEGIN)

IMG_5927_-_繧ウ繝斐・_LI_convert_20170328104039

BEGINのコンサートへ行ってきました。
数年前に新しくなったフェスティバルホールも
初めてで それもドキドキ・・。

実はこの3月末で 夫が完全リタイヤとなります。
今回は「リタイヤ記念コンサート」・・
長い年月 働いてきましたが 結婚生活も44年・・
私と娘達の為に頑張ってもらった事に ただ感謝。

コンサート当日くらいは 美味しいものを食べて・・・
なんて考えてましたが
悲しいかな 身体は太目ですが
食べる量が減ってしまい 思うようになりません。

この日は韓国料理店で・・
「ビビンバ 大」と「チヂミ小」を二人で分けて。
ビールさえ 飲まないで・・「コーン茶」で乾杯!!

ファンを大事にするBEGINらしく 
アンコールは観客に選ばせて・・5曲も!
休憩を入れて 3時間半・・
2曲目から総立ち・手拍子・腕フリフリ~ 
会場一体の 濃密な時間と なりました。
(翌日 立ち疲れで 朝寝坊しちゃいました・・
スポンサーサイト

theme : 本・音楽・映画・劇他・・
genre : ブログ

ROADSHOW 映画『 We Are X 』

IMG_5851_convert_20170325104109.jpg

X JAPANのドキュメンタリー映画『We Are X』を観てきました。
波乱の半生は 知られていることも多いのですが
知らなかったことも たくさんあり
どこまで理解と共鳴が できるのかと
思いながら 観始めました。

この映画はハリウッド製作スティーヴン・キジャック監督作品。
マディソン・スクエア・ガーデン公演での舞台裏を追いながら
子供時代の彼らの姿まで掘り下げて
彼ら以外に歩けなかったであろう姿を 映し出しています。

グループ結成・脱退・解散・・
HIDEとTAIJIの死・Toshlの洗脳・・・
バンドやYOSHIKI自身に おきた嵐の日々・・。
大きな障害を乗り越えた後に
再度 結び付く故の強さ・・。

特別なファンではないけれど・・
ドキュメンタリーとして 見応えがあり
バンド・個人の生き様が ドン~と胸を突いてきました。

映画館は平日でしたが 満員・・
10代~60代くらいまで 
男女も半々くらいでしたが・・
最後のテロップまで誰一人 立ち上がることなく
心を揺すぶられたまま 観終えたと思います。

ファミリーと呼び合う ファンと彼らの
絆の強さも その魅力も 垣間見えたと思います。☆☆☆☆

※ 写真は 帰りに購入したサントラ盤と
  記念に配られた 「マスク」・・
  映画は終了日が延期となり 月末まで。

theme : 本・音楽・映画・劇他・・
genre : ブログ

ピーターラビット展

title_logo_convert_20170223111138.png
IMG_5683_convert_20170223111110.jpg
次女と一緒に 展覧会へ
IMG_5682_convert_20170223111214.jpg
帰りは 阪急百貨店のムーミン展へ
IMG_5679_convert_20170223111044.jpg
昼から サングリアでカンパ~イ!
illust2712_thumb.gif
かの有名な ウサギ ピーターラビット お好きですか?
ビアトリクス・ポター生誕150年だそうです。

イギリス 湖水地方のナショナル・トラストは有名ですが
彼女の印税の多くが 役立つ場所として知られています。
いつか行ってみたいなあ・・。

原画・細かな字の日記・愛蔵品 とくに 初来日の初版など・・
小さな原画で 老眼には堪えましたが 懸命に見てきました。
少し驚いた話がありましたよ・・
物語を描くために・・ちゃんと ウサギの骨を取り出して
研究したりしているのです・・
「立てば こうなるはず」「寝転がれば こうなる」・・
想像で描いたのではなかったことに 驚嘆しました。

この日は 次女が休暇で 2人で 梅田をぶらぶら・・
ランチは スペインを思い出して「パエリア」を。
イカスミで 口の周りを黒くして・・子供みたい・・
サングリアでご機嫌 それを家族LINEに・・

楽しき1日 でした。

※今週もありがとうございました~また来週!

theme : Happy time
genre : ブログ

沈黙

6ac96ef226649ffa_convert_20170122230613.jpg

1996年(平成8年)に亡くなった遠藤周作さん・・
「沈黙」が アカデミー監督によって映画化されました。
21日 封切1番に行ってきました。

内容は 世界20カ国以上で翻訳された遠藤文学・・
江戸時代初期のキリシタン 弾圧を書いた歴史小説で
・・とても 辛く重たい題材です。

キリスト者と作家・・
混じり合った 遠藤さん独特の作品が
当時 教会側からの批判が出たりして
話題になったりもしました。

それがどう描かれているのか?・・
日本人として 苦しくなるような場面もありますが
そこから目をそらさなかった遠藤さんの心を
見る思いで しっかり見てきました。

神様が 沈黙なさった時 人はどうなるのか?
追いつめられた人間に どんな言葉をお与えになるのか?

遠藤文学に 多く描かれる「弱い心の人間」・・
「立場」による 弱さ・強さ・・
暗澹たる思いの中 映画は進んでいきます。
その中で 弱さに流され苦しみぬく 人間を
演じた窪塚洋介さんが 印象的でした。

ところで
狐狸庵先生=遠藤周作
その視点の幅広さが 人として正直に思えて
大好きな作家でしたが ここ数年
読むことから 離れていました。

先ずは 全集から 読み直してみたい~・・
若い人には 狐狸庵先生シリーズも お勧めしたい・・。
狐狸庵先生・遠藤周作・・両方 是非 お読みください。 ★★★★

theme : 本・音楽・映画・劇他・・
genre : ブログ

人生で大切なたったひとつのこと

5174XeBW-oL__SX344_BO1,204,203,200__convert_20170113175017

少し前に 帯に書いてある外山滋比古さんの
書かれた 「本物のおとな論」を読みました。
そのことを取り上げようかと思いましたが
今回は その外山さん ご推薦の本を。

「たった一つのたいせつなこと」とは?
大学の卒業式スピーチで何が語られたか?

著者は自分の優しさが足りなかったことを
後悔している大切な事と紹介し・・
「とても優しい時期」と「余り優しくなかった時期」
人生には そんな時期があり 
何が優しくない時期から 脱出できたか わかっている・・
時と場合で「変わるもの」ならば 
「優しさは 向上できるもの」と 導いています。

これから 未来へ旅立つ若者たちへ 
たった15分で読めるけど・・
もう一度 手に取りたくなる・・・
きっと 羅針盤のような 1冊になると思います。

短い 豊かで 深い話・・
それは まるで 未来へ捧げる 大きな花束でした。

theme : 本・音楽・映画・劇他・・
genre : ブログ

鳩時計

地球の名言Ⅱ


presented by 地球の名言

最新記事

カテゴリ

最新コメント

プロフィール

osakaken

Author:osakaken
2003年 CURURU(旧NEVER)
で開始したBLOGです。
2010年3月閉鎖となり FC2へ。

轍のような BLOGを
目指しています。

末長くお付き合い下さい。
💛感謝💛
osakaken(大阪ケン)

ランキング

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR